日帰りバスツアーや日帰り旅行の予約ならポケカル

なぜ私たちは今すぐ旅に出るべきなのか?筆者が【本気の旅】をしてわかった10のこと

私たちが旅をする理由

なぜ私たちは今すぐ旅に出るべきなのか?筆者が【本気の旅】をしてわかった10のこと

大冒険はいつまでもあなたの心に輝きつづける

「旅に出たってなにも変わらない」そんな風に言う大人がいたとしたら
その人は相当な不感症だ。旅をして変わらないでいることはむしろ不可能だから。
旅が教えてくれることはあまりにも大きい。
大切なことはすべて旅で学べる、そう言ってしまっても決して大げさではない。
私たちは今すぐに旅に出るべきだ。
ただし、本気の旅に。大冒険に。

1.圧倒的な風景の中に身を置くということ

自分の小ささを素直に感じ、傲慢さを手放せる

バガン

出典 http://www.istartedsomething.com

圧倒的で壮大な景色を目の前にしたときは言葉を失い、そして自分の小ささを感じる。
自分は地球の一部、宇宙の一部。ありありとそう感じられると、
いつの間にか心に住み着いた傲慢さは、姿を消してしまう。
圧倒的な地球、ちっぽけな自分。それなら心地よく調和して無理せず生きるのが一番だ。

2.言葉も周りのなにもかもがよくわからない環境に身を置くということ

子供のころのピュアな感覚を取り戻すことができる

インド

出典 http://tanakkei.com

見たこともない景色、聞いたこともない言葉。
見るものすべてが、よくワカラナイ!!
いちいち驚いて、いちいち感動する。
異国への旅でなぜか懐かしさを感じるのは、
その状態が、あなたが子供の頃の感覚そのものだから。
旅をすると、ピュアな自分に再び出会える。

3.多様性の中に身を置くということ

小さなことに目くじらを立てない、寛容な自分になれる

インド

出典 http://livedoor.blogimg.jp

日本は島国でほぼ単一民族なので、「人と違う」ということが目立ってしまい、
不寛容になりがちだ。そしてもともと持つ細やかな感性が裏目に出てしまうと、
細かいことを気にして息苦しくなってしまう。
電車のマナーなどにも実にうるさい。
しかし、もし、あなたがインドで電車に乗っていたら、向かいでメイクをしている人にイライラするだろうか?はっきり言ってどうでもいいと感じるだろう。
色々な人がいる。様々な考えがあっていいのだ。
人種のるつぼの世界に飛び込めば、細かいことなど気にならなくなる。

4.すべてが日本のやり方では通用しない。不便の中に身を置くということ

日本という国のことがよくわかる。そして、もっと大好きになる。

富士山

はじめて海外に行けばその不便さに驚くことだろう。
道路の真ん中が陥没していたり、レストランの店員は不愛想が普通。
水の質は悪く飲むことはできないし、トイレが流れなかったり…
とにかくどこにいっても不便さを感じる。
その時初めて、日本という国のことがわかる。
いかに便利で、清潔で、プロフェッショナルで、システマチックなのかが。
日本に帰国して、水道の蛇口をひねり出てきた水をグビグビ飲める喜びと言ったら!!そのありがたみは海外に行かなければ気づくことさえできない。

5.過去も未来もない町で、今をただ生きるということ

今をただ生きるというこの上ない贅沢。でも本当は一番大切なこと。

ジャンプ

私たちはつい過去を憂いたり、未来を案じる思いで、今現在をいっぱいにしてしまう。これはとても悲しいことだ。旅先の町には、自分の過去も未来もない。ただ、今だけがある。だから純粋に今この瞬間を感じ切ることができる。
旅先では素敵な人と出会うことがしばしばあるが、そういう相手のことも、
過去も未来も関係なく、今現在ありのままの相手を素直に見ることができる。
まったく打算のない、とてもピュアな関係を築くことができる。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
12
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ